映像分野における新しい才能の発掘と制作支援を目的とし、SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ映像ミュージアムでは映像の公募展「MEC Award-Media Explorer Challenge Award-」を2012年からスタートいたしました。今回はMEC Award2013大賞受賞者の橋本玲美氏にSKIPシティ彩の国ビジュアルプラザのCM制作を依頼しました。
撮影・編集をSKIPシティで行い完成したCMはSKIPシティチャンネル、YouTube、川口駅前のキャスティビジョンにて配信・放映中です。

※SKIPシティチャンネルへのリンクはこちらから
30秒バージョン
http://channel2.skipcity.jp/popup/?md=oth_vpcm30s_960x540&mw=560&mh=315
120秒バージョン
http://channel2.skipcity.jp/popup/?md=oth_vpcm120s_960x540&mw=560&mh=315

CMについて(制作者:橋本玲美氏コメント)
映像の歴史を学んで、体験できる公開ライブラリー・映像ミュージアム、新しい映像の技術を利用できるHDスタジオ・編集室・映像ホール。
そんな映像の「過去」と「未来」が実感できるSKIPシティ彩の国ビジュアルプラザを表現するため、「今、若い世代の人たちは、どんな眼差しで、何を見て いるのだろうか?」ということをコンセプトに蓄積されたイメージが化学反応を起こして新しいイメージを形成するようなCMに仕立てました。
何かに熱中している人を取材して、練習風景や真剣な眼差しを撮影、公開ライブラリー、HDスタジオの映像を加えてドラマの断片のように同軸で進んでいるよ うに編集しました。SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザについて、カジュアルでアクティブなイメージ、新鮮で先鋭的なイメージを持っていただけることを 意図しました。

橋本 玲美氏 プロフィール( MEC Award2013大賞受賞者)
2010年 文化学院デジタルデザイン科卒業
2013年 阿佐ヶ谷美術専門学校イメージクリエイション科卒業

【MEC Award 2016 SKIPシティCMコミッション発表】
本年度から開始された入選者の中から1名に、SKIPシティのCM制作を委託するSKIPシティCMコミッションは
MEC Award 2016大賞受賞者の幸洋子さんに決定いたしました。
完成は次年度のMEC Award2017開催期間中を目指します。