川口市出身の世界的演出家・蜷川幸雄氏。彩の国さいたま芸術劇場の芸術監督として活躍されていましたが、残念ながら今年5月に亡くなられました。彩の国さいたま芸術劇場でシェイクスピア全編を演出するという、壮大な試みがスタートした1998年。その最初の作品「ロミオとジュリエット」に取り組む様子を記録した埼玉県広報特別番組を上映し蜷川幸雄氏の足跡を辿ります。
また、第二部のトークショーでは、蜷川作品に数多くご出演の俳優・横田栄司氏、さいたま芸術劇場館長・木全義男氏のお二人をお招きし、お話をうかがいます。


蜷川幸雄氏 (Photo 細野晋司)

【日時】平成28年12月17日(土)14:00~16:00
【映像上映】14:00~15:00「メイキング オブ ニナガワ シェイクスピア」(1998年)
【トークショー】15:00~16:00
【トークゲスト】横田栄司氏(俳優)、木全義男氏(彩の国さいたま芸術劇場館長)
【会場】SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ4階 映像ホール
【料金】無料(事前申し込み制)
【定員】300名(先着順、定員になり次第、受付終了)
【主催】埼玉県
【W】
【申込】WEBからのお申込はこちら
【お問い合わせ】株式会社デジタルSKIPステーション(担当:関口)
【電話】048-260-7777(平日9:30~17:30)
【FAX】048-265-2628(24時間受付
チラシをダウンロードして裏面に必要事項をご記入の上FAXをお願いいたします。

トークゲスト

横田栄司氏(俳優)
俳優。文学座所属。「シェイクスピア」などの蜷川幸雄作品に多数出演。テレビでも活躍中。


木全義男氏(彩の国さいたま芸術劇場館長)
公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団専務理事・彩の国さいたま芸術劇場館長