「どうぶつは、なにをみてるの?2018」関連トークイベント
「生物が記録する科学~バイオロギングの可能性~」

バイオロギング

左 オオミズナギドリ ©Yusuke Gotoh
右 アカウミガメ ©Chihiro Kinoshita

野生動物たちは、彼らの生活環境の中で何をみているのでしょうか?動物の行動を動物自身に記録させる研究手法「バイオロギング」によって、その謎が明らかになってきました。 「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」(NHK)や中学校2年生の教科書でも紹介されているバイオロギングの専門家・佐藤克文さんが、「バイオロギング」の可能性と海洋生物研究の面白さについてわかりやすく解説します。 対象年齢以外の方でもご参加いただけますので、ご家族やご兄弟での参加もお待ちしています。

日時:7月1日(日)13:30~14:30(開場:13:00)
会場:映像ミュージアム1階 ガイダンスルーム
講師:佐藤克文氏(東京大学大気海洋研究所 教授)
主な対象:小学5年生~中学3年生 ※対象年齢以外の方も参加いただけます
定員:100名程度(当日先着順)
参加費:映像ミュージアム入館料(大人510円/小中学生250円)
※トークイベントの記録映像はSKIPシティチャンネル等での公開を予定しています。