2015年10月3日(土)より、埼玉県にある“SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ映像ミュージアム”にて、企画展「あそぶ!ゲーム展 ステージ1:デジタルゲームの夜明けを開催いたします。日本が世界に誇るコンテンツであるデジタルゲーム(ビデオゲーム)を紹介するだけでなく、「実際にプレイできること」にこだわった“遊べて学べる”展示会です。

http://www.skipcity.jp/vm/game/

「あそぶ!ゲーム展」は、今後全3回のシリーズ化を予定しており、第1回目(ステージ1)となる今回は、世界初のシューティングゲーム「スペースウォー!」(1962年/マサチューセッツ工科大学)をはじめ、世界初のアーケードビデオゲーム「コンピュータスペース」(1971年/ナッチング・アソシエーツ)、世界中で大ブームとなった「スペースインベーダー」(1978年/タイトー)、「パックマン」(1980年/ナムコ※)など、デジタルゲームの夜明けである1950年代末~1982年までを、その時代を代表するゲーム機を通して多角的に紹介・展示いたします。

なお、企画監修には、 「ゼビウス」(1983年/ナムコ)の生みの親、“ゲームの神様”ことゲームデザイナー「遠藤雅伸」氏、世界一受けたい授業でおなじみの東京大学大学院情報学環教授「馬場章」氏にご協力していただいております。

※ナムコは、現在の株式会社バンダイナムコエンターテインメントです。

会期:2015年10月3日(土)~2016年2月28日(日)
会場:SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ映像ミュージアム
料金:大人510円・小人250円(常設展もお楽しみいただけます)
問合せ:SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ映像ミュージアム (電話)048-265-2500
企画監修:遠藤雅伸(ゲームデザイナー) /馬場 章(東京大学大学院情報学環教授)
協力:岩谷徹(東京工芸大学教授)/国立科学博物館/株式会社コナミデジタルエンタテインメント/株式会社セガ・インタラクティブ/株式会社タイトー/高井商会/東京大学大学院情報学環馬場研究室/西角友宏/ 株式会社バンダイナムコエンターテインメント/ローリング内沢(50音順)
主催:埼玉県
後援:埼玉県教育委員会/川口市/川口市教育委員会
企画:株式会社デジタルSKIPステーション